大切な日にプリザーブドフラワーを贈ろう

category01

誕生日や結婚記念日など特別な日にこそ思い出を形に残したいと考える人も少なくないのではないでしょうか?そんな時の贈り物として是非知っていてもらいたいのが「プリザーブドフラワー」です。
記念日に生花を花束にして贈るのも素敵ですが、日持ちが悪く、枯れて茶色くなった花を見るとなんだか悲しい気分になります。


その点プリザーブドフラワーは上手に保存すれば、綺麗な状態の花々を約10年もの間楽しむことができるのです。


プリザーブドフラワーを見るたびに素敵な思い出を何度でも思い出すことができます。

なぜ長期間枯れない花を楽しむことができるのかと言うと、花を刈り取った後に色素を抜き取り、特殊なプリザーブド液と呼ばれる液体に浸し、液を吸わせます。



そうすることで生花のようなみずみずしい状態を保つことができるのです。

またプリザーブド液に混ぜる色素によって、例えばブルーやレインボーなど普通の生花では難しい色の花も作ることができます。
液体にはグリセリンが含まれているので、ドライフラワーよりも柔らかく自然な雰囲気になります。そしてプリザーブドフラワーを綺麗な状態で長期間保つには高温多湿に注意する必要があります。

マイナビニュースを求める人にお勧めしたいサイトです。

直射日光の当たる場所や湿気の多い場所に置いてしまうと、花びらが色あせたりヒビが入ってしまったりする原因になります。


光が直接当たらないところで、温度が約18〜25℃、湿度は約30〜50%くらいの環境で保存するようにするといいでしょう。

プリザーブドフラワーについて気になる方はこちらです。

最新考察

category02

人にプレゼントを渡す時に、何を渡せば良いか分からずに、困ってしまうという場合は少なくありません。というのも、プレゼントを受け取る相手が何を好むか分からないことがあるためです。...

subpage

身に付けたい知識

category02

近年、プリザーブドフラワーが注目されつつあります。プリザーブドフラワーとは、生花より長持ちするよう、処理がされている花のことです。...

subpage

生活関係の真実

category03

プリザーブドフラワーをつかったウェディングブーケの人気が高まっています。プリザーブドフラワーとは、長持ちするように生花に手が加えられた加工花です。...

subpage

生活をよく学ぶ

category04

お店で購入するとなると生花よりも小さく、でもお値段は高いというプリザーブドフラワー。町を歩くとプリザーブドフラワー教室もありますし、専門の資格もありますが、わざわざやるのは面倒だしやはり買うしかないかとあきらめていた方。...

subpage