プリザーブドフラワーの作り方

お店で購入するとなると生花よりも小さく、でもお値段は高いというプリザーブドフラワー。
町を歩くとプリザーブドフラワー教室もありますし、専門の資格もありますが、わざわざやるのは面倒だしやはり買うしかないかとあきらめていた方。
実は専用の液さえあればプリザーブドフラワーはおうちでも簡単に作ることができるのです。
2つの液の順番を間違えることなく浸したら、それを乾燥させてやればよいだけなので誰でも作れます。

誕生日にプリザーブドフラワーの正しい情報はこちらです。

もちろん、勉強して資格を取ったプロの方がやるのに比べるとどうしても完成度は低く、市販のものほど長くは楽しむことはできません。ただ、ちょっとしたプレゼントにしたり自宅に飾ったり程度の趣味であればそこまでの完成度は必要ないですし、いくつも作品を作っている中で少しずつ上達していくはずです。



最近では手作りキットや専用の加工液が通販サイトなどでも販売されています。


インターネットで調べれば簡単な作り方や、作り方のコツについても出ています。ためしに買ってみて1本か2本から作ってみてもよいでしょう。

wikipedia情報探しに特化した総合サイトです。

加工液以外ははさみやピンセット・ゴム手袋・新聞紙など家にある道具だけで作れます。

お店にはない自分だけのオリジナルのプリザーブドフラワーができあがります。加工されたものをお店で購入するよりも、生花を買ってきて自身でプリザーブドフラワーに仕上げるほうがずっと安いお値段でできますし、気持ちのこもった贈り物となるはずです。