プリザーブドフラワーの新たなトレンド

プリザーブドフラワーをつかったウェディングブーケの人気が高まっています。
プリザーブドフラワーとは、長持ちするように生花に手が加えられた加工花です。
特殊な加工によって美しい姿を保ったまま年単位で楽しむことができます。人気の高まりを受けて色や種類のバリエーションも増えてきています。
水をあげたりする手間が必要ないお手軽さも人気の秘密です。最近ではプリザーブドフラワーをつかったウェディングブーケのみを掲載した専門誌も登場しています。

プリザーブドの人気の秘密は、なんといっても長持ちをする点です。

MBSニュースにはこちらのサイトが最適です。

ウェディングブーケは結婚式という人生の一大イベントを彩る特別なアイテムです。
思い出とともにいつまでも飾っておきたいという女性の要望に応えて人気を伸ばしています。


プリザーブドフラワーはパールやリボンといった加工がしやすいので、生花では難しいアレンジがしやすいというメリットがあります。



また、軽量で扱いやすいためウェディングブーケにぴったりです。


結婚式のあいだ手に持っていることが多いので、花嫁様の負担を軽くしてくれます。


生花の場合は花自体に水分があったり保水が必要なので、どうしても重量がでてしまいます。

鋭い観点からプリザーブドフラワー情報を見つけましょう。

価格面からみるとプラスアルファの加工をしている分、生花と比較すると若干高めになります。

ボリュームを優先したい場合には生花を、長くとっておきたい場合にはプリザーブドを、と用途やメリットによって使い分けるといいでしょう。