注目されつつあるプリザーブドフラワーについて

近年、プリザーブドフラワーが注目されつつあります。

誕生日にプリザーブドフラワーの口コミ情報をまとめました。

プリザーブドフラワーとは、生花より長持ちするよう、処理がされている花のことです。


置く場所の湿度や室温、日当たりなどにより、差が出ることもありますが、生花よりはかなり長持ちします。そのことから、贈り物として重宝されるケースが多くあります。

せっかくお花を送ったのに、あるいは、もらったのに、数日で花びらが落ちてきて、一週間ももたないと、ざんねんな気持ちになった経験のある方は多く、そういったことから、プリザーブドフラワーであれば、自分が選んだ花を、長く楽しんでもらえる、いただいた花を、長く見ていられるということで、よろこばれています。


プリザーブドフラワーは、特殊な溶液に一度浸けることにより、花から水分を取ります。

ですから、生花のような劣化のしかたをしません。
また、その加工の過程で、花粉が飛び散らなくなるので、アレルギーがあるかたにもやさしいとされています。

47NEWSの情報検索ができます。

生花だとそういったことは防げません。

ですから、さまざまな事情の方がいる病院にお見舞いに持っていくのにも、よいとされています。



今は、アレルギーがあるひとが多いので、迷惑をかけないという視点からも、プリザーブドフラワーは便利といえます。


どのくらい持つのかは、環境の影響もあるので、日当たりなどに気を付ける必要はありますが、それでも、気を付ければ、生花の何倍も花の美しさを楽しめることを考えると、便利な商品といえます。